B型肝炎は給付金の手続き大事に~保険チェックを行おう~

女性

保険見直しのショップ

女性

自分に合った保険を探すためにも保険見直しのショップを利用すると良いでしょう。ここならば、第三者の目線から、公正に適切な保険商品を提案してくれます。大阪にもそうした保険ショップがあるので探してみると良いでしょう。

詳しくはコチラ

熊本の保険見直し

家族

熊本には、様々な保険見直しを行っているところがあります。特徴として保険見直しをすることで保険料が安くなったり、内容が充実したりします。また、特徴として、フィナンシャルプランナーが丁寧に相談にのっていることです。

詳しくはコチラ

生命保険などを検討しよう

説明

個人が行う節税対策としては個人年金保険や医療保険などの生命保険に加入することが一般的ですが、最近では、掛け金の全額が所得控除の対象となったり、運用益が非課税になったりする確定拠出年金に加入するという方法が注目をされています。

詳しくはコチラ

給付金の支給

B型肝炎で給付金をもらうために必要な手続きに関してどのように行えばいいのかがわかるのはこちらのサイトです。

予防接種のB型肝炎とは

案内

国内で昭和23年から昭和63年までの間に実施された集団予防接種の際に、注射器が連続使用された事が原因でB型肝炎ウイルスに感染した人が40万人以上いるとされています。 現在では、予防接種を受ける人ごとに注射器を取り替えるように指導されているので、このような感染はありませんが、このようなあってはならない原因でB型肝炎ウイルスに感染してしまった人に対して国が給付金を支給しています。 給付金の対象となっているのは、上記の期間にウイルス感染した人と、その人より母子感染した子供やこれらの相続人です。 給付の対象となる人の認定は裁判所での確認が必要となります。 また、国を相手として国家賠償請求訴訟を起こした上で国との間で和解をして給付金が支給されるという流れになります。

給付金を受け取るには

先でも説明した通りに、集団予防接種とその母子感染が理由でB型肝炎ウイルスに感染した人には給付金が支給されますが、対象となる人は全員自動的に給付されるのではなく、裁判所に救済要件に合致するかを証拠に基づいて確認する事が必要となります。 裁判所に出向くとなると、個人の力で訴訟を起こすことは困難です。 訴訟を起こすときには弁護士に依頼をします。 このB型肝炎の給付金に関してはほぼ全ての弁護士事務所のホームページにも記載されているので、スムーズに話が進むと思います。 弁護士事務所によっては着手金を0円で請け負ってくれるところもあるので、自分により合う弁護士さんがいる事務所に依頼するとよいでしょう。 集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった方は一度弁護士へ相談してみて下さい。

Copyright©2015 B型肝炎は給付金の手続き大事に~保険チェックを行おう~ All rights reserved.